資料請求 お問合せ

資料請求
お問合せ

イベント 参加申込

イベント
参加申込

【第二回】気密測定の方法

こんにちは!工事担当 荒井でございます。

ブログ投稿3回目です!

今回は気密測定とC値についての2回目、「気密測定の方法」を紹介します。

香取市にある注文住宅の気密測定の様子

気密測定とC値

~第二回 気密測定の方法~

 

前回、C値がいったい何なのか、そのC値が気密測定により調べられることを説明いたしました。

 

では、この気密測定、家を建てているどの段階でおこなっているのでしょう?

(急にクイズ!)

香取市にある注文住宅の気密測定について

 

正解は・・・ 2であります!(ドラックすると見える…?)

香取市にある注文住宅の気密測定の様子

気密測定をおこなうときの現場状況は↑↑↑のような様子。

 

気密測定は家の気密性、つまりは外に接する壁や屋根、基礎に隙間がどのくらい存在するかを数値にするものです。

室内の壁・天井下地となる石膏ボードをはる前の段階で、外に接する壁・天井(屋根)の室内側は断熱材によって囲われています。

断熱材は言わずもがな外からの暑さ・寒さを通さない為のものであり、この断熱材を隙間なく充填・取付することで家の気密性を確保します。

断熱材はいくつか種類があるので、今後のブログ投稿で取り上げたいと思います。

 

また、測定段階で窓はついており、換気や配管のための開口部(穴)はテープなどで塞ぐので、これらはC値には影響しません。しっかり塞げていればの話ですが(1敗)。

 

本題、当社がおこなっている気密測定の流れは以下の通り!

 

①”気密測定マシーン”を窓の近くに置く。筒を伸ばして外に出す。

 

 

②筒を出した窓をビニールやプラ板等でふさぎ、筒以外の部分から空気が出入りしないようにする。他の窓も閉まっていることを確認する。

 

③”気密測定マシーン”が筒から室内の空気を外へ吐き出す。室内の空気の圧力が減るので、わずかな隙間から室内に外の空気が入る。

 

④C値がわかる!

 

簡単に言うと、空気の圧力差を利用して隙間(C値)を測定しているのです。

 

次回、最終回!

気密測定とC値 ~第三回「先日おこなった気密測定奮闘記」~ について書きます!

家づくり8つのステップ

家づくりスターターキット無料プレゼントPresent

家づくりスターターキットは、資金計画や土地選びなど、人生を左右する重要な決断を迫られる家づくりの「いつ」「どこで」「何を」決断したらよいかをまとめた冊子の詰め合わせです。
後悔・失敗しないために、「家づくりスターターキット」をぜひご活用ください!